検査について of 日本上部頸椎カイロプラクティック協会

HOME > 検査について

症状の増減はアジャストメントの判断にはなりません。
サブラクセイション時に再現する患者さん固有のパターンを検査から読み取り、
アジャストメントの必要性の有無を客観的に示します。

これらが主な検査です。




上部頸椎の変位は頭部の傾きを招き、下部脊柱に補正作用としての骨格の歪みをつくり出します。結果、耳の高さ、肩の高さ、脊柱の歪み、骨盤の歪みが生じます。したがって姿勢をチェックすることは上部頸椎に変位がないかどうかの目安となります。







gravity
上部頸椎サブラクセイション下における重心・足圧分布・荷重比率を確認します。







skin temp
上部頸椎カイロプラクティックの代表的な検査。その人固有の波形を示すサブラクセイション・パターンの再現を確認しアジャストメントの必要性の大きな判断材料とします。







leghand
左右の手足の長さの違いも上部頸椎の変位が影響しています。





muscle pal
頸部の筋肉の緊張が上部頸椎の変位の方向を教えてくれます。





bone pal
椎骨の動きの制限が上部頸椎の変位の有無の大きなヒントになります。





オフィスではレントゲン撮影は行いません。過去にレントゲンやMRIを撮影されて、持参可能な方はお持ち下さい。
それにより頸椎の変位を調べます。