解説)姿勢変化

上部頸椎の変位は頭部の重心移動をもたらし、
下部にその代償として骨格の歪みをつくり出します。
その結果、背中や腰、膝に長期間に渡って負荷がかかるようになり変形がおこったり、
炎症を起こして痛みを訴えたりすることになります。

症状や病名がなんであれ上部頸椎は4~5kgほどの頭部の重量を支えています。
ですから、頭部が重心線より離れるほどその重量は増すことになり、
この頭部の重心移動をできるだけ最小限に押さえるために下部頸椎、
ひいては骨格全体に代償作用が発生するのです。
それらは骨格系、筋系、循環器系等身体を構成するすべてに影響をおよぼします。

これらの症例を注意深く見て頂きますと、
頭部が中心線に近づくにつれて骨格の歪みが時間の経過とともに
誰の手も借りることなく自らの自然治癒力で改善されてゆくのがわかります。

このように上部頸椎カイロプラクティックでは、治してもらうことは期待出来ませんが、
アジャストメント後、自らの自然治癒力によって良くなってゆくとは期待できるといえます。

猫背、側弯、O脚、膝や腰の問題の多くは
上部頸椎のサブラクセイションの放置が関与していることが考えられます。

それらがアジャストメント後、脳からの神経伝達が良くなり、
自らの体に備わっている自然治癒力によって改善されていくのは、
これらの症例が証明しています。

それは、また身体は自然治癒の過程にあるという判断がつきます。
定期的なチェックは、あなたをサブラクセイションから守ります。