開校動機

スクールロゴ.jpg



スクール開講の動機は、
日本で最初の「上部頸椎カイロプラクティック」の専門書と啓蒙書「自然治癒力とカイロプラクティック」
を著わした上部頸椎専門の臨床家である賀来史同氏が、年々高まる患者さんからの
「同じ方法で行うオフィスを紹介して欲しい」との要望から生まれました。

患者さんのより近くにあるオフィスを紹介できないものか。

紹介にはシステムの統一が不可欠であり、
そのためには上部頸椎専門カイロプラクターの養成が必要であるという結論に達し、
養成機関としてスクールを開設しました。

同じ方法のもとに患者紹介(受け入れ)ネットワークを作り、
お互いが責任を持って紹介された患者さんを診て、
患者さん自身も安心してこのカイロプラクティックを受けることができるのです。

そして、卒業生によって組織されたのが日本上部頸椎カイロプラクティック協会です。