上部頸椎カイロプラクティックについて

上部頸椎カイロプラクティックとは

上部頸椎カイロプラクティックは、カイロプラクティックの発見者であるD.D.パーマーの息子、B.J.パーマーによって確立されました。このテクニックは、B.J.パーマーがカイロプラクティックを教えるパーマー大学の2代目学長に就任して以来、約30年の歳月を費やして研究し、生涯のうち約60年をカイロプラクティックに捧げた集大成です。

 

上部頸椎カイロプラクティック(スペシフィック・カイロプラクティック)の科学性

当初のカイロプラクティックでは、術者の感覚を判断基準としており、科学性が乏しいという一面がありました。そこでB.J.パーマーがカイロプラクティックにX-Ray=レントゲンを導入することで実際の体の中で起きている事が確認出来るようになりました。その後、皮膚温度測定機が開発導入され、さらに科学的な分析が可能となったのです。

 

上部頸椎カイロプラクティック(スペシフィック・カイロプラクティック)の特徴

人体は自分自身の体の中に自然治癒力を持っていて、余分な刺激は必要としません。これにはB.J.パーマーの哲学である『自然は助けを必要としない。』という考えが根底にあります。上部頸椎のサブラクセイションをアジャストメント(調整)したあとの事(診断・治療)は、自然にまかせるということなのです。上部頸椎カイロプラクティックは、その哲学と一体化した、宇宙・自然の法則に基づいた、まさに自然療法なのです。

 

初めて受けられる方、必見!

目的、検査方法、アジャストメント、注意事項などを分かりやすく解説します。

 

初回時の流れ

 

上部頸椎カイロプラクティックの検査

 

あなたの首は大丈夫?

 

協会認定オフィス

 

日本上部頸椎カイロプラクティック協会について