HOME

上部頸椎カイロプラクティックはB.J.パーマーが1930年に提唱したカイロプラクティックの一つの完成形です。他の療法を併用するミックス系カイロプラクティックが増える中、本来の独自性を遵守しました。

カイロプラクティックの独自性とは

※椎骨サブラクセイションとは椎骨変位による神経伝達妨害のこと。 

長年の研究の結果、背骨の中でも最も影響を与えるメジャーな椎骨を上部頸椎と断定し、 病気、症状に関係なく、検査にてサブラクセイションの存在が確認された時だけ、上部頸椎一ヶ所のみをアジャストします。 

本協会は上部頸椎カイロプラクティックを正統に受け継ぎ実践しています。

詳しくは下の動画をご覧ください。

VIDEO

 

OFFICE

これまでに受けられた方へ
以下の認定オフィスは協会が定めた技術・環境の基準をクリアしています。すでに受けられている方で、最寄のオフィスへ通われたい場合は、これまで受けられていたオフィス名をご予約の際にお知らせ下さい。あなたのカルテ・データが転送されて、これまでと同じように継続して検査を受けることができます。
 

SCHOOL