上部頚椎カイロプラクティックによる臨床・症例レポート集

2007年より専門誌で連載・発表されていた臨床・症例レポートを公開します。現在においても協会員の各オフィスでは、この下記の臨床上のルールに則り、検査・アジャストメントを行っています。このレポートは専門誌向けに執筆されているため、分かりにくい箇所もあるかと思いますが、その点ご容赦ください。また、ご不明な点がありましたら、各オフィス、又は協会までお気軽にお問い合わせください。

臨床・症例レポート

臨床上のルール
1.病気・症状の診断、治療は行いません。
2.必ず検査を行い、上部頚椎サブラクセイションの有無を確認します。
3.検査の結果、上部頚椎にサブラクセイションが認められなければ、アジャストメントは行いません。
4.他の療法との併用や、健康器具を使用しないで様子を見ていただきます。

 

レポート1:腰椎椎間板ヘルニア手術後、再発した方に対するカイロプラクティックケア

 (天野カイロプラクティック)

レポート2:上部頚椎サブラクセイション・パターン出現時の普遍性確認

 (賀来カイロプラクティック)

レポート3:頚椎すべり症と診断された男性

 (七里カイロプラクティック)

レポート4:自律神経失調、頭痛、腰痛など色々な不定愁訴のある女性

 (廣川カイロプラクティック)

レポート5:好転反応と共に体が改善していく女性

 (吉成カイロプラクティック)

レポート6:妊娠後期での腰痛に苦しんでいた女性

 (愛気カイロプラクティック)

レポート7:首痛・肩痛・腕痛に30年以上悩まされた男性

 (天野カイロプラクティック)

レポート8:頭部と首が前へ突き出ていた姿勢の変化

 (七里カイロプラクティック)

レポート9:脳梗塞の後遺症である片麻痺が残る女性

 (原野カイロプラクティック)

レポート10:脊柱側弯症と診断された男子中学生

 (廣川カイロプラクティック)

レポート11:頭痛、腰痛、ばね指等の症状と、自然治癒力による回復について

 (愛気カイロプラクティック)

レポート12:下痢・くしゃみ・低体温 体の衰えを感じる男性

 (天野カイロプラクティック)

レポート13:頸椎椎間板ヘルニアであっても適応可能

 (七里カイロプラクティックオフィス)

レポート14:アジャストメント後、症状に変化は無いがデータが体の変化を示す

 (賀来カイロプラクティックオフィス)

レポート15:整形外科的な症例と神経内科的な症例の変化

 (上部頸椎専門カイロプラクティック 田川オフィス)

レポート16:不妊症、冷え、便秘他に悩んでいた方の変化について

 (吉成カイロプラクティック)

レポート17:股関節の手術を勧められていた男性の変化の様子

 (廣川カイロプラクティック)

レポート18:高血圧症の症例を2例ご紹介

 (天野カイロプラクティック)

レポート19:様々な症状下での好転へのプロセスを科学的に考察

 (賀来カイロプラクティック)